Marriage

古い歴史の結婚式

これまでの歴史はどのようなものか

結婚式のような儀式は、日本では平安時代からあったものと思われています。近世まで、結婚式は自宅で行うのが一般的でした。明治時代、日本に写真文化が入ってきたのが、ウエディング業界の走りであったといわれています。写真館に併設する形で食事などを行うことがありました。現在のような結婚式になったのは、第二次世界大戦のころです。特に、高度経済成長期、バブル景気を経て西洋式のブライダルの風習の入ってきたことも相まって、ウエディング市場は徐々に拡大していきました。結婚式や披露宴がホテルなどの豪華な会場で、たくさんの招待客を読んで行うようになったのも、このころからとされています。現在ではウエディング市場は多様化しています。

これからの動向はどのようになっていくか

現在では、結婚式や披露宴を行うところの選択肢も増えてきています。ホテルはもちろんのこと、専門式場や、ゲストハウスを貸し切って行うゲストハウスウエディング、レストランなどで行うレストランウエディングなども行われています。 新郎新婦の予算や重要視したいことなどによって、それぞれの目的にあった会場を選択します。 一方で、リゾートウエディングやフォトウエディングなど、新郎新婦または親しい家族や友人と行う小さな結婚式も増えてきています。ですので、たくさんの招待客を呼ぶ大規模な結婚式や披露宴が行われつつも、家と家のつながりではなく、新郎新婦の尊重したいもののによってさまざまなバリエーションが増えてくると予想されます。